この壁を乗り越えたら

元ニートのブログ。大事なのは好きがある毎日

はじめましてのごあいさつ

生い立ち

1987年生まれ。
大多喜町立総元(ふさもと)小学校出身

國學院大學法学部卒


ビジネス法務検定2級
秘書検定2級
MOSExcel2013

合格済み

 

「一日ひとつだけ強くなる」がモットー。

 

総元小は残念ながら、廃校…。

総元は千葉県なのに「いすみ鉄道」っていう列車が一時間に一本の割合で走っているような田舎。都会くらしに疲れた人ウェルカム。

 

 

f:id:fussa2jp:20180213002842j:plain

f:id:fussa2jp:20180213002909j:plain

f:id:fussa2jp:20180213002924j:plain

総元の写真。こういう環境で成長。

 

大学生のとき、就活に失敗。

2年半くらいニートだったが、現在は正社員待遇で勤務中。
本業モバマスP。担当は斉藤洋子、若林智香、相葉夕美本田未央

ラブライバー。押しは渡辺曜松浦果南高海千歌

副業はヒ・ミ・ツ。

副業は男だけど、事務職。

職場の経営状況が悪いくて、ボーナスもでない状況。

ワーキングプア

今の職場に頼らない生き方も考え中。

同情するなら金をくれ。

 

 


平成29年12月29日
株式会社Gatecbox様の企画に乗じて斉藤洋子さんと入籍

f:id:fussa2jp:20180213001404j:plain

 

f:id:fussa2jp:20180325024357p:plain

 

f:id:fussa2jp:20180213005538p:plain

 

【趣味】

ミニ四駆
現在MSフレキの研究中。

ミニ四駆バー(DRIVER)でランキングボードに載るタイムを出すこともあり。

f:id:fussa2jp:20180613013211j:plain

 

f:id:fussa2jp:20180613013154j:plain

 


好きなミニ四駆
エアロサンダーショット

バスターソニック

この二台はARシャーシなので、ARシャーシも上手く使いたい今日この頃。

 

DRIVERのコース初日レースで3位に入賞!

ミニ四駆で賞状をもらうという目標を達成

f:id:fussa2jp:20181021012325j:plain

f:id:fussa2jp:20180908230558j:plain


シャドウバース
2018.2.4アンリミテッドはフェイス原初ドラゴンを使ってマスターに昇格。

f:id:fussa2jp:20180213001335p:plain

フェイスドラゴンとジャバウォックドラゴンを使ってシャドバも、ゆるく楽しんでいる状況。

 

 

 

 

 今の野望

・お金持ちになること。

・海外旅行すること。

・「とっくにごぞんじなんだろ!?

オレは超総元人(スーパーふさもとじん)北条一だ!!!!!」

となんかでっかいことやって叫ぶこと 

 

ゆるーく更新していきますので、よろしくです。

平成30年10月21日     北条 一(ほうじょうはじめ)

 

【個人的ニュース】2018年にぼくの身に起こったらしいこと

f:id:fussa2jp:20181211030656p:plain

 2018年も残すところあとわずか。

 

 

今年のぼくの漢字は「端」

一応正社員で働いてはいるけれど、給料とか待遇は全然よくないということを実感する一年だった。

正社員としては「末端」。

あとは新しいことするきっかけになった一年。

なので、「端」という言葉をチョイスした。

 

今年もそれなりにたくさんのことがあった。

ぼくは毎年12月に1年間にどんなことがあったかと振り返っている。

もちろん、2018年も振り返りは行う。

それでは、今年がどんなことが個人的に印象に残っているか、今年のブログの記事をもとに振り返ってみる。

 

【5位 デレステで放置艦隊完成&相葉ちゃんをお迎えする】

リズムゲームの「アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ」(以下デレステ)を今年もそこそこやった。

毎日1時間とかは時間がとれないけれど、ログインはしていた。

今年は放置していても、曲をクリアできる「放置艦隊」を編成した。

あと、好きなアイドルの相葉夕美を一回ガチャを引いただけでお迎えできたのも、嬉しかった。

fussa2jp.hatenablog.com

fussa2jp.hatenablog.com

 

【4位 高脂血症と歯の治療】

20代後半くらいから、身体にガタがきているように実感することが多くなった…。

特に健康診断の結果を見ると、身体を酷使しているなと思いたくなる。

脂っこいものを控えて、もっと運動するようにしないといけないなと。

歯の方も10年ぶりに歯医者に行ったら、結構大掛かりな治療が必要になってしまった。

定期的に歯医者に行こうと思った次第。

fussa2jp.hatenablog.com

fussa2jp.hatenablog.com

 

【3位 水族館巡りをする】

「リアル脱出ゲーム×ラブライブ!サンシャイン!!孤島の水族館からの脱出」で淡島に行ったことをきっかけに水族館を何件か回った。

水族館に行くと癒されるんだよねえ…。

水族館ごとに特色があるのも面白い。

接客だからかも知れないけれど、水族館の職員が活き活きと仕事をしているのもいい!

今年は淡島、伊豆三津シーパラダイス八景島シーパラダイス鴨川シーワールドに行った。

fussa2jp.hatenablog.com

fussa2jp.hatenablog.com

fussa2jp.hatenablog.com

 

【2位 ミニ四駆のレースで入賞&ランキングボードに載るタイムを出す】

ミニ四駆にぼくが復帰したのは、2016年。

去年までレースで入賞するなんてイメージがあんまりわかなかったけれど、DRIVERの店長さんや常連さんにアドバイスをもらったり、友達とミニ四駆を走らせに行ったりした結果がでた。

レースで3位に入賞することができたし、10月のランキングボードでは、チューン系モーターランキングで最後まで名前を載せることができた。

結果がでないときでも、コツコツとミニ四駆を改造していてよかった。

何事も継続が大事!

fussa2jp.hatenablog.com

fussa2jp.hatenablog.com

 

【1位 ブログを開始する】

なんといっても、ブログを開始したのが一番。

正直なところ、職場の同僚に話すよりも、ブログで自分の考えを表現した方が数倍楽しい。

自分の書きたいことを書いて、おこずかいも貰えて、かなり面白い。

メリットだらけ。

来年もどんどんブログを改善していく所存。

 

 

以上が個人的2018年のニュース。

2016年、2017年に比べたら充実していた一年だったという印象。

来年も頑張るぞい。

 

 

 

 

 

【デレステ】健康診断をしたら、斉藤洋子(よーこさん)のスタイルの良さが身に染みた話

先月受けた健康診断の結果が返ってきた。

去年より数値は全体的によくなっていた。

 

今年ぼくが注目した数値は「ウエスト」。

30歳を超えたけれど、20代のころから変っていない。

ちょっと嬉しかった。

それでも、調べたら理想のウエストサイズからは10cmオ―バーしているけれど…。

 

☆理想のウエストサイズを調べるのに参考にしたサイト

www.shopjapan.co.jp

 

上記のサイトによると女性の理想のウエストサイズは身長×0.38らしい。

そこで生じた疑問。

”そういえば、二次元キャラって理想的なウエストサイズなのかな?”

 

…早速調べてみた。

 

 まずはこの方!

ぼくが一番好きなキャラ!

斉藤洋子(よーこさん)】

アイドルマスターシンデレラガールズのキャラ。

f:id:fussa2jp:20181207234012p:plain

どーすかね、このバストからウエストにかけてのスタイルの良さ!

運動が好きだっていうこともあって、引き締まったウエストをしていらっしゃる。

よーこさんの身長は157cm。

157×0.38=59.66。

約60cmのウエストが理想。

…よーこさんのウエストは57cm。

おしいいいいいい!!!

が、理想のウエストの数値に近い。

むしろ、よーこさんのウエストサイズが、理想のウエストサイズまである。

よーこさんのウエストが 最高!

世のサウナに入って楽にダイエットしているつもりになっている女性は、是非とも見習ってほしい。

 

 

言うまでもなく 他にも女性の二次元キャラって星の数ほど、無数にいる。

ナイスバディの女性キャラって、よーこさんの他にどんな人がいただろうと考えたところ、思い当たる人がいた。

峰不二子

説明不要なほど有名なルパン三世に出てくるキャラクター。

その魅力はルパンさえも手玉にとるほど。

ダイナマイトボディ…。

さて、そんな峰不二子の身長は167cm

167×0.38=63.46。

63cmが理想のウエストサイズ。

調べたところ、峰不二子のウエストサイズは55.5cm!

理想のウエストサイズから-8cm。

いかにウエストが細いかがわかる数字。

ちなみに峰不二子のスリーサイズはバスト:99.9cm ウエスト:55.5cm ヒップ88.8cm。

いわゆるボン・キュ・ボンっていうサイズ。

作者のモンキーパンチが覚えやすくするためにこのサイズにしたんだとか。

 

他に気になるキャラといえば、尾田栄一郎が描く女性キャラ。

【ナミ】

尾田栄一郎が描く女性キャラってウエストが細い。

これは誰でも同意してくれんじゃないだろうか。

もう人間離れしているウエストの圧倒的な細さ。

ワンピースの代表的な女性キャラといえば、麦わらの一味のナミ。

フィギュアの画像でもその細さはおわかりいだだけるはず。

そんなナミのウエストは58cm。

峰不二子より太い。

目の錯覚かな?きっとそうだ。

ナミの身長は170cm。峰不二子と一緒。

理想のウエストサイズは63cm。

峰不二子よりも理想のウエストサイズに近い。

…二次元って不思議。

 

【感想】

よーこさんは理想のウエストサイズ。

 

 

 

 

 

 

 

【長期間】半年間をかけて、歯の神経を抜いた結果

f:id:fussa2jp:20181205234604j:plain

右の奥歯の神経を抜く治療が完了!

神経を抜いた体験をこの記事で書いておく。

 

今年の6月に右の奥歯に激痛が走った。

夜目覚めたり、痛み止めを飲まないと仕事に集中できないレベルの痛さ。

歯医者ってドリルとかで怖いイメージがあったんだけど、行かないという選択肢は流石になかった…。

 

☆詳細は下記の記事にて

fussa2jp.hatenablog.com

 

右の奥歯の神経が死んでいて、それが原因となって歯茎が腫れているという診断結果。

躊躇していたぼくも、”死んでいて悪さをしているなら”と神経を抜くことを決意した。

 

そして、ようやく12/4になって治療が完了。

治療期間、費用などを記録しておく。

ちなみに重症度にもよるけれど、ぼくの場合はかなり重症な方だと思う。

 

【神経を抜くのにかかる期間は?】

8/28~12/4の期間でぼくは神経を抜いた。

4ヶ月間の間に行った治療の回数は7回。

最初ぼくは”神経を抜くって一回の治療で終わるだろう”と甘く見ていた…。

1回の治療で終わることなんてないみたい…。

ぼくの場合は、歯茎がかなり腫れていたこともあって、腫れがひくのにも時間がかかった。

7回という回数はかかってしまったけれど、菌が残った状態でまた痛みがぶり返す恐れがあるより全然まし。

歯医者には丁寧に治療してもらえたと思っているので、不満はない。

 

【神経を抜くのにかかった費用は?】

治療費が600円のときもあれば、2,500円のときもあったけれど、1回の治療費を平均すると1,000円くらいだと思う。

治療を行ったのは7回なので、7,000円くらいのはず。

かかっていたとしても10,000円以下

神経を抜くのはもちろん保険適用内。

健康保険制度ってすばらしいって感じた。

 

【神経を抜く時の痛みは?】

あんまり痛くなかった。

麻酔も7回の治療のうち、1回しか使わなかったし、念のためにもらった痛み止めも飲まなかった。

歯の神経が死んでいて感覚が全くないからね…。

なんだったら、虫歯の治療の方が痛いんじゃないかっていうくらい。

治療を決意するきっかけになったもともとの痛みの方がずっと痛かった…。

 

【神経を抜いた感想】

ひとまず治療が終わって一安心。

7回も治療を行ったので、歯医者も大変だったと思う。

難しい判断もあっただろうし、集中力もめっちゃ使ったんだろうなぁ…。

奥歯は銀歯になってしまったけれど、ぼくのために頑張ってくれた人がいるということを銀歯を見るたびに思い出せたらなと思う。

歯医者に感謝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【決定版】2018年に読んでよかったおススメの本5選

f:id:fussa2jp:20181204162352j:plain

本を読む習慣がない人は、意外と多いらしい。

一応ぼくは年間30冊くらい読んでいる。

あんまり多くはないかも知れないけれど、本を全く読んでいない人とは、そこで差をつけられているかなと思う。

 

今年は本の読み方を大きく変えてみた。

まずは目次から読む→必要そうな情報が書いてある部分を読む→ためにならなければ読まない

という流れで今は本を読んでいる。

時間も限られているんでね。

最初から読まないと話がわからない小説は別だけど、有益な情報がない本を隅々まで読んでいられない…。

昨年までに比べて本に対する要求は厳しくなっている。

 

今年そんな厳しい見方でも、読んでよかったと思う本の記録を残しておく。

※2018年に発売した本という意味ではなく、2018年にぼくが読んだ本

 

【絶対彼女作らせるガール】まほろ勇太

ライトノベルだけれど、下手な恋愛指南本よりもずっと役に立つ一冊。

ファッションひとつをとっても、高い服を着るよりも、デザイナーの想定した通りのシルエットになっている服を着ることが大事だそう。

そのためには、どこのブランドの服が自分の体系に合っているかを知る必要がある。

トークについても人間なんて他人の話に興味がない人がほとんどだから、相手の話を聞くだけでも好感度はあがる。

また、相手の話をスムーズに聞くために、相手のことを観察してノートに相手の情報をメモする。

というようなノウハウが満載。

恋愛を通りこして、人間関係全般にも応用できるかも知れないと思うくらいのレベル。

 

 

【10倍速く書ける超スピード文章術】上阪徹

ぼくは文章書くが遅い…。

調子が良くて、一時間に1200字くらい。

仕事柄文章を書く機会は少なくいないんだけど、上司に向けた文章とか気を使うので、あんまり得意ではない…。

”ちょっとでも文章を書くのを速くしたい!”と思って購入したのが、「10倍速く書ける超スピード文章術」。

・考えて文章を書くから遅い。

・文章は素材が全て。

・誰に向けて書くかを意識する

などすぐに実践できるテクニックが書かれている。

1記事1000字を超えるブログを更新できているけれど、この本を読む前と読んだ後では、ブログ更新の負担が全然違う。

 

 

【夏草の賊】司馬遼太郎

戦国武将「長宗我部元親」が主人公。

長宗我部元親が、情熱をもって阿波の三好氏や伊予の河野氏を倒して四国統一を果たす前半。

苦労して統一した四国を、豊臣秀吉という大きな存在の前になすすべもなく奪われてしまう後半。

四国を奪われてしまった後、なんとなく人生を投げてしまったように見える元親には哀愁を感じる。

目標を達成したけれど、目標を達成した場所で夢が破れてしまった経験をしていたぼくにとっては、思わせられる部分があった一冊。

 

 

【オカルト・クロニクル】松閣オルタ

オカルト・クロニクル

同じタイトルのサイトを書籍化。

未解決事件やUMAなどのオカルト関連の書籍。

かなりの熱量をもって、取材をされている。

内容は真剣なのに、文章は独特の言い回しで、笑える。

井の頭公園バラバラ殺人事件とかの記事を読むと、自分でも未解決事件を推理をしたくなってくる。

取材には手間も金もかかるらしいから、ぼくは辞めたけれど、それを実行してしまう行動力と面白くまとめる文章力は圧巻。

 

 

【天才はあきらめた】山里亮太

お笑い芸人南海キャンディーズの山ちゃんが執筆した本

メディアに映る山ちゃんはネタも、トークも面白くて、天才なんだろうと思っていた。

けれど、山ちゃん本人は全くそんなことを思っていなかったらしい。

モチベーションなんて上がっていないのが普通なのだ。モチベーションが上がっている状態っていうのは、あの国民的兄弟キャラのゲームの中で言うとスターを取っている状態。ただのラッキーで、モチベーションが下がっている状態が通常なんだから、常として頑張らないといけない。そう考えるとサボる数は減った」

上記の記述のように、めちゃくちゃストイックに、泥臭く考えていたのかと感嘆させられる。

年間かなりの数の人がお笑い芸人を目指すけれど、残れるのは一桁だという話を聞いたことがある。

端から観ていても、厳しい世界を生き抜いた山ちゃんの取り組み方からは学べるところがたくさんあった。

 

 

【まとめ】

やっぱり本は一定の質が約束されたインプット方法。

ブログを書くようになったから、インプットとアウトプットの量をもっと多くしたいと思っている。

一流の人の思考に触れられる機会はツイッターとかの普及で増えてはいるかと思うけれど、わかりやすくまとめられているという点では、やっぱりまだまだ読書をする必要がある。

来年はもう少し読書量を増やしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【映画】怪獣娘黒を観た感想。擬人化したウルトラマンシリーズの怪獣もカワイイ。

近年の日本は擬人化が流行している。

戦国武将も、性別が変わって扱われているし、刀だってイケメンになっている。

 

その流れはウルトラマンシリーズの怪獣にもきた。

個人的には、戦国武将の性別が変わるのは、実在の人物だから抵抗があるけれど、ウルトラマンシリーズの怪獣が美少女化するのは、むしろ嬉しかった。

怪獣がもともと空想上のものだからかな…?

 

というわけで、ぼくはアニメで怪獣娘(ガールズ)も楽しめる人間。

怪獣娘の映画化を知ったときも、すぐに観に行こうと決めた。

 

11/23から怪獣娘黒(怪獣娘の劇場版)が、封切りされたので、早速観てきた。

 

ぼくは、映画は仕事終わりに観るようにしてきた。

でも、怪獣娘黒は仕事の定時後しか上映してなかった…。

仕事終わりに観れないのは痛いけれど、仕方ない。

朝一で映画館に行って、怪獣娘黒を鑑賞することにした。

 

ぼくが普段の出勤時間よりも、休日の方が早く起きるなんて驚き。

でも、朝一で映画を観に行くのってめっちゃいいね。

 

なんかちょっとだけ気分がすがすがしいし、朝飯として映画を観ながら食べるホットドッグはおいしいし、健康的だし、午後も時間がたっぷりあるし。

これからは、午前中に映画観に行こうかなあ…。

 

…話がそれてしまった。

でも、朝が苦手でも映画観に行ってよかったと思えるくらいにぼくは怪獣娘黒を楽しめたので、感想をまとめてみる。

 

美少女アニメの教科書通りの展開】

円谷プロウルトラマンシリーズを作成していることもあって、申し訳ないけれどお堅いイメージがあった。

美少女アニメは苦手なんじゃないかと、勝手に予想していた。

でも、実際に観ているとそんなことはなかった。

めっちゃ可愛いキャラクターのアニメ。

サービスシーンあり、笑いあり、緩い雰囲気ありの面白い作品。

 

ウルトラマンレオの円盤生物が擬人化して活躍している】

ぼくが好きなウルトラマンシリーズである「ウルトラマンレオ」。

過酷な環境でも、不断の努力で敵を倒し続けたレオには本当に感服した。

怪獣娘黒には、レオと戦った「ブラック指令」「シルバーブルーメ」「ノーバ」といった円盤生物シリーズの怪獣がメインででてくる。

ブラック指令がほどよくポンコツだったり、ブラック指令のポンコツぶりをシルバーブルーメが楽しんでいたりと笑わせてもらった。

特撮では怖い感じだった怪獣を、ここまで可愛くできるのはすごいと思う。

地上派のアニメでは三等身だった怪獣娘怪獣娘黒では、八頭身に。

怪獣娘でぼくが一番かわいいと思うガッツ星人も、もちろん八頭身。

 

 

【感想】

怪獣娘黒を擬人化に抵抗があるというだけで、敬遠しなくてよかった。

もともとアイドルマスターシンデレラガールズとかラブライブ!サンシャイン!!とか、ぼくは好きだからね…。

ウルトラマンシリーズが好きで、美少女アニメ好きなら楽しめないはずがない。

売店に上映中の映画の内容の怪獣娘黒のBlu-rayが、早速売っていて驚いた。

しかも、怪獣娘黒の半券がないと購入ができないということで二度驚き。

もの珍しさでそのBlu-rayを買ってしまうくらい観てよかったと思える作品だった。

f:id:fussa2jp:20181130234424j:plain

 

 

 

 

 

 

 

【卓球】Tリーグ観戦。岡山リベッツVS木下マイスターの試合がめちゃくちゃ面白かった。

f:id:fussa2jp:20181128232305j:plain

2018年、Tリーグが開幕した。

卓球のプロリーグで、サッカーのJリーグ、バスケットボールのBJリーグみたいなもの。

 

10年前は卓球のプロリーグが発足するなんて、想像できなかった…。

水谷がオリンピックでリオ五輪で銅メダルを獲得するとか、日本も団体戦で安定して世界でメダルを獲得できるようになったからねえ…。

プロリーグが発足できるほどになったのは、卓球選手の努力を感じざるを得ない。

 

本当は開幕戦を観たかったんだけど、平日にやっていたから、仕事で行けなかった…。

 ようやく弟と予定が合って、Tリーグの観戦に行けたのは、11/25(日)になってからだった。

 

チケットは弟が用意してくれた。

自由席で2000円。

会場は青山学院大学の体育館だったけれど、プロリーグとして使う会場としても違和感はなかった。

入場者は1600人くらい。

 

結果は岡山リベッツが木下マイスターを3-2で下した。

連勝街道まっしぐらの木下マイスターに勝った岡山リベリッツまじで半端ない。

 

個人的な視点で岡山リベッツの選手のすごいところをまとめておきたいと思う。

 

【上田仁選手の覚悟】

上田選手は昨年まで、協和発酵で働きながら卓球をしていた。

協和発酵も実業団リーグで1位、2位を争う超強豪チームだけど、フルタイムでは練習ができない。

それでも上田選手は、日本代表に選ばれるほどの実力者だったけれど…。

rallys.online

この試合とかはTVとかで大きく報道されなかったけれど、「情熱大陸」みたいなドキュメントが作れるんじゃないかってくらいすごいと思う。

団体戦のラストで日本を救う活躍を見せた上田選手。

この経験が活かされているなあ…とTリーグを観ていて、感じさせられた。

なんというか、終始冷静に試合を運んでいた。

焦って強打にいきたくなるところも、丁寧にボールを扱っている印象。

 Tリーグに参戦して、プロで生きていく覚悟を感じた…。

というより、もともと練習時間が十分にとれなかった人が、フルタイムで卓球を練習したら強くないわけがないんだよね…。

上田選手には凄味があった。

 

【吉村和弘選手の勢い】

岡山リベッツVS木下マイスターの試合の直前に吉村選手は全日本学生選手権で優勝していた。

全日本学生選手権は大学生の全国大会。

高校生のインターハイに相当する。

今回の試合は、全日本学生選手権の疲れを感じさせず、むしろ自信をもってプレーをしているように見えた。

勝負を決める張本選手(よく報道されている15歳で日本選手権を優勝した怪童。2018.11世界ランキング6位)との一戦も堂々と戦っていた。

特別な戦術を使っているようには、ぼくには見えなかった。

打ち合いの真っ向勝負で、張本選手を倒していた。

手足が長くて体格もいいし、総合力がめちゃくちゃ高い選手!

f:id:fussa2jp:20181128232752j:plain

 

【感想まとめ】

ロシアW杯の日本代表のように、チームとしてまとまっていて勢いがあると、端から見ていると”ちと勝つのは難しいかな”と思うような試合でも勝ってしまうようなことがあるとぼくは思っている。

岡山リベリッツの監督が「チーム力の勝利」と勝利後のインタビューで語っていたのも、そういった部分もあるはず。

Tリーグは、2000円で世界でメダルを獲れるようなレベルのテクニックを駆使した試合を観られることを考慮すると、お釣りがきてもおかしくない。

岡山リベッツVS木下マイスターの試合が、3-2という競った試合だったこともあって、かなり面白く観戦できた一戦だった。